ホピで出会った「アナンダラバ」というメッセージ

この出来事からの数ヶ月間、私はさまざまな体験をし、沢山の学びと気づきが与えられました。


「どうせ」という、世界と自分に対する疑いの心を持っていたこと。 周囲から完璧を求められるという幻想と、それに応えなければいけないという幻想を持っていたこと。 人間もまた等しく「自然」であり、神聖な自然のスピリットと同じく、ひとりひとりが神聖な存在だということ。 私達が自然の中で、神々しい場所に行き、手を合わせるように、神々しいものとして、人が、自分を含め人間を、お互いに、手を合わせるように、畏れ敬うこと。 与えられた恵みと弱さを素直に受け入れ、ただ感謝し、その力を平和に役立てるために、進む勇気。


そうしたことを沢山気付かされ、思い出していきました。そして、争いの気持ちが生まれ、諦めそうになったときには、平和の民であるルービンの言葉を思い出します。すると、再び心に勇気の火が灯るのです。


リトリートの時に、銀細工職人でもあるルービンに、オーダーメイドでもジュエリーを作っていただけるというお話しがあったので、彼にトリートメントをさせてもらい、そこで得たインスピレーションからジュエリーを作っていただけないかとお願いしたところ、快く承諾していただきました。比嘉さんご夫婦が、以前ホピの村に訪れた際、あの沖縄の水鏡のスピリットについての祈り歌を歌い、それを聴いたルービンは、インスピレーションを得て、愛する末娘に「水鏡」にちなんだ名前をつけたといいます。 ルービンがホピに帰った後、私たちがその沖縄の水鏡を訪れたことや、授けられた天からの滴について、ルービンに話をしたところ、お願いしたジュエリーにターコイズを入れてくれることになりました。


それから少し経った二〇一〇年の三月二一日、ルービンに直接お礼を伝えること、ジュエリーを受け取ること、そして私達の結婚記念日ということで、私達は、行ってみたいと思っていたホピの村を訪れました。 私はそこで受け取ったジュエリーに、ルービンが一つ一つのシンボルに刻んでくれた祈りと、私が経験した学びを思い返し、改めて感動を覚えました。ジュエリーは、平和への祈りを込め、自分の存在を証しするための宝物として、今も大切に身に付けています。


そして、この時のホピの訪問では、ジュエリーだけでなく、予想もしない意外な展開が待っていました。ルービンが再び日本を訪れるお手伝いを、私達夫婦がさせて頂くことになったのです。 私達がホピに滞在している間に話は進み、ルービンから、「アナンダラバ(Open up our hearts)」というプロジェクトの名前と、日本の皆さんに向けてのメッセージを託されて、私達は日本に戻り、準備を開始しました。そして、葉山・淡路島・屋久島・沖縄の四箇所での、リトリート形式のワークショップを軸として、様々な方のご協力のもと、二〇一〇年九月にツアーが行なわれることとなりました。


これからご紹介する「ホピに生き方と日本の和を語る」という記録は、通訳として、一番近くでルービンの話を聞いていた夫貴司が、この「アナンダラバ」で、事実、何が起こったのかを、ブログに記し、まとめたものです。およそ三週間近くに渡ったツアー中は休む間もなく、毎日を無我夢中で走りぬけたような気がしますが、イベントの企画や実施に携わってくださった方、イベントやワークショップにご参加頂いた方、陰ながらご賛同をいただいた方、運営のお手伝いをしてくださった方など、沢山の皆様の助けに支えられ、無事に開催することができました。この場をお借りして、心から御礼を申し上げます。そして今、起こったことを辿っていくと、今になってはっとするような言葉や出来事が沢山あったことが分かります。この記録を通じて、皆さんにも、「アナンダラバ」で私達が体験したメッセージを、共有していただければ幸いです。


 

佐々 智美

at 04:00, MYSCO, はじめに

comments(0), trackbacks(0), - -

沖縄で授かった天からの滴

旅から帰ってきた私達は、先祖供養にご協力頂いたミロク大社の比嘉良丸さんやりかさんに対して、何か恩返しできないかと考えていた所、十月末に、本拠地の沖縄で巡礼のワークショップを開催するという情報を見つけ、それに参加することで、感謝の気持ちを伝えることにしました。


ワークショップの目的は、内面を見つめ自分自身に常に問いかけ、自分で歩み進もうとする者へ、出会い、気付き、導き、教えをもって善い方向へ行くよう助けるために、御嶽と呼ばれている、沖縄の聖地で神の働きを受けられるよう、お祈りしながら回るというものでした。


比嘉ご夫妻には、数多くある聖地の中で、いくつか私達とコネクションのある場所を紹介頂きました。中でも、とても印象的だったのが、有名なホテルの敷地の傍らにあった、水鏡のスピリットの拝所であり、実は五年前に兄の結婚式で、既に訪れたことがあった場所でした。


私は五年前のその時、人生のつらい時期を過ごしていました。パニック障害を患い、とても疲れていて、消えそうなロウソクの火を、なんとか家族や友人に守られながら生きていました。結婚してまもなくの私達夫婦に訪れた、とてもつらい時期でした。そんな時に、兄の結婚式という祝福に導かれるように、私は知らずにその土地を訪れていたのです。私をいつもそばで見守ってくれていた夫貴司は、その時から、私の人生は変わり、少しずつ前向きになっていったといいます。実際、その数ヵ月後に、師である渡辺育子先生主宰のアロマセラピー教育研究所で勉強を始め、この道に進む、はじめの一歩を踏み出していました。 その水鏡のもとへと再び、比嘉ご夫妻により導かれたのでした。


その水鏡へ祈りを捧げた時、比嘉りかさんを通じて、ここの水鏡のスピリットが、五年前に私の命を救い、五年経った今も「手を当てることで人を助けたい」という私の夢を実現するために応援し、力になってくれていることを、伝えられ、そして気づかされました。その時にはじめて、私をセラピストとして成長させてくれた、通常では考えられない、恵まれた人との出会いや縁をもたらした理由を少しずつ理解し、受け入れ始めたのです。


そして、さらに、この三日後、沖縄の久高島という場所で不思議な体験をする事になりました。もともとこの旅では、久高島へは行く予定はなかったのですが、丁度沖縄に向かう飛行機の出発ロビーで、先述したフィトアロマ研究所小島秀元さんから電話があり、どうせ沖縄へ行くのであれば、小島秀元さんを精油の輸入販売の道へ導いた、久高島のシャーマン、サワさんにお会いしたらどうかという事で、サワさんが営む民宿を紹介頂いて、島を訪れることになりました。


サワさんとお会いできたのは、久高島に一泊して、ちょうど島から出ようとしていた時で、そこからは、あっという間の出来事でした。お話しをさせて頂いている最中に、涙が理由もなく止まらなくなり、通常では、認識やアクセスする事が難しい、島の中でも、とても聖なる場所まで自然と足が向かっていました。


たどり着いた場所には聖なる洞窟があり、私はそこで、おいおい泣いていました。しばらくすると、美しい蝶々達が飛んできて、降っていた雨が急に止み、木々の隙間から光が差し込み、風が私達を囲むように頭の上で渦を巻いていました。やがて涙が止まり、私は、島の人々にとってこの洞窟はどういう意味があるのかを聞きました。すると、サワさんは、「天からの滴」と答え、どうしたいか、と問われました。私はとっさに、葉を取り、その葉についていた滴を、蝶が水を吸うように、なめました。


「今後、平和を祈るときがあれば、その儀式を自分の中でしなさい」と言い残し、サワさんは、一枚のハーブを渡してくれました。

at 03:00, MYSCO, はじめに

comments(0), trackbacks(0), - -

わたし達の人生観を変えた旅

その後、九月二三日の秋分の日に、アウェイク・ネイチャーは忍野八海にてホピの水氏族、ルービン・サウフキーを招いてリトリートを主催することになっていました。


逗子の家をお借りすることとなり、その打ち合わせで、リトリートの前に、再びジェームズと禮子さんご夫妻とお会いすることになったのですが、ふとした会話の流れから、佐々家の先祖供養のために、立山周辺にいくべき所があると、スピリチュアルカウンセラーでもあった、ジェームズから夫貴司へアドバイスをいただきました。 一方、ちょうどその時、リトリートの後に「ルービンと出会い、飛騨金山にある太陽遺跡の巨石群にガイドしたい」と、沖縄のシャーマンであり神人でもある、比嘉良丸・りかご夫妻が願っているとのお話しがあり「それならば、リトリートの後に金山遺跡から立山と、皆で行きましょう」という流れになっていきました。


比嘉ご夫妻は、大国ミロク大社として、世界平和を実現するために世界各国を旅し、各地で祈りの和を広げるためにご神事をされています。実績として、皇室のご神事や「The Return of The Ancestors(先祖たちの里帰り)」の日本代表としても認められ、さらにマヤの長老のトップからは、彼らが最も聖なる神と崇めているククルカン(海蛇)の紋章を授かっている方達なのですが、旅にご一緒いただけるだけでなく、車など、私達の足までご協力頂ける事となりました。


極めて個人的な佐々家の先祖供養に関して、世界平和を求める世界の長老達との集いに認められた有識者達に、お金が一切流れていない中、なぜ協力をしていただけるのか不思議ではありましたが、私たちはその流れに身を任せてみようと決断しました。


忍野八海で行われたリトリートで、ルービンは、比嘉ご夫婦も参加した「The Return of The Ancestors(先祖たちの里帰り)」と呼ばれるギャザリング(集い)について話してくれました。このギャザリングは、ホピやマヤの予言の中で予告された集いであり、世界平和のため、世界の長老たちが集まり、先祖たちの叡智が分かち合われたものでした。


しかし、この集まりの開催にあたっては、様々な衝突、障害、批判、そして集まった長老同士にも葛藤があったということです。自然と共に生き、平和の民と呼ばれる人たちの間にさえ、そうした葛藤や対立、攻撃があるのだということが、私にとって驚きでした。


けれどもルービンは「例えそうした批判や衝突があっても、私たちはひとつになれると信じ、そのためにワークアウトすることは間違いのないことで、反対や攻撃があっても、逆に自分はそれを力にして、正しいことをするのだ」といいました。 異なる視点があっても、そのどれが正しいのかと戦い争うのではなく、バランスをとり、ひとつになることがとても強いのであると。だから、「I」ではなく「WE」で考えようと、私たちに伝えてくれました。


私はとても驚き、そして勇気付けられました。その時ちょうど私達夫婦は、今の時代に生きていくためには、モノやカネに支配される流れに沿った生き方をしなくてはいけないのかと思い悩み、挫けそうになっていたところでしたが、彼は、私達に希望を与えるメッセージを、ホピの人達からの反対を乗り越えてまで、わざわざ日本に来て届けてくれたのです。


「私は、希望のメッセージを、自分のできるベストを尽くして、広げていきたいと思っています」


ルービンとの出会いと、彼のメッセージは、私達夫婦に大きな勇気を与えてくれました。 どんなに弱い立場に居て、周りの批判にさらされても、正しいことを正しいと信じて進むことを、それでいいと、彼の生き方と言葉をもって示してくれたのです。 異なった視点を持つ人々が、その違いの正否を争うのではなく尊重し、バランスをとりながらひとつにすることで、より物事は強くなると教えられました。


それから、飛騨金山で太陽遺跡を見学した夜に、比嘉良丸さんとルービンが、夫貴司の通訳を介して、一対一で対談する貴重なシーンにも、遭遇することができました。ルービンは、ギャザリングの時に、自分の仲間であるホピの一部の部族や長老達が排他的だったことに対し、感情を抑えられずにいたことに対して、比嘉良丸さんは、ギャザリングで長老達の間に葛藤が起こったことについて「それはむしろ良かったことで、皆が認識できたことに意味がある」と仰っていました。そこから相互理解への道筋が始まるのだと。

「恐れて、隠していては、きっと何も希望にならない」


その後立山周辺では、私達佐々の先祖供養のために、ジェームズや禮子さんの導きに基づき、比嘉良丸・りかさんには、先祖との対話を実現するために声を出して頂き、ルービンには、先祖から続けて解決できなかった感情を解き放つための、水の儀式をして頂きました。 比嘉ご夫妻からは、私が夢として追っている、日本発のアロマセラピストとしての道を極めるよう背中を押され、夫貴司には、それをサポートするよう応援のお言葉をいただきました。

at 02:00, MYSCO, はじめに

comments(0), trackbacks(0), - -

転機を引き寄せた不思議な出会い

二〇〇九年七月二九日、神奈川県逗子市のとある家に私の大切な友達が住んでおり、私は彼女のもとを訪れていました。


アメリカにいらっしゃる家主の方が日本に一時帰国をされるとのことで、友人夫婦は近々その家を引っ越すところだったのですが、家主の方は、再びご家族の介護のために、日本をしばらく離れるご予定で、その間の部屋の借主を探しているとの事情を知った友人が、私たちにどうかと勧めてくれました。以前彼女には「東京での暮らしをやめて、もっと自然のある場所に移住したい」という私たちの願いと「そのためにお金を貯めるべく、今よりも安くて広い空き家を知らないか?」という話を、一年位前にした事を、ずっと覚えていてくれたのでした。現在は再び転居して神奈川県相模原市に住んでおりますが、その提案は、当時の私達にとってとても有難いものでした。


その家主の方が、アウェイク・ネイチャーという団体を設立し活動している、ソマティック心理学を研究するジェームズ・ハートランド氏と翻訳家の菅野禮子さんご夫妻でした。


不思議な事に、友人の彼女と全く関係のない、いつもアロマセラピーのための精油でお世話になっているフィトアロマ研究所の小島秀元さんからも、その年の春から、既に「アウェイク・ネイチャーのお二人と会ったらどうか」というお話しを夫に伝えられていたのです。


あまりにも偶然な引き合わせに、夫貴司とは、アウェイク・ネイチャーのお二人と縁を感じつつも、その時期は、トレーナーとしてコーチングスタッフに携わっていた母校のバスケットボールチームの新潟合宿の準備の事で頭が一杯になっており、話の進展を図ることができずにいました。


それから数週間後、ようやく合宿が終わり東京に帰ろうとしていた車の中で突然携帯電話が鳴りました。それは、小島秀元さんからの電話でした。合宿に行く前に、小島秀元さんとは、奇遇にも友人からアウェイク・ネイチャーのお二人を紹介されたことを報告してあり、それなら近いうちに皆で会いましょうというお話しをして頂いていました。その経緯で、小島秀元さんが「今度彼らに会う機会があるから、来てください」と電話をくださったのでした。


そして私たちは、八月の終わりに、アウェイク・ネイチャーの、ジェームズ・ハートランド氏と菅野禮子さんご夫妻と初めてお会いすることができました。


会話が英語だったので、私は正直ドキドキしましたが、夫貴司がバスケットボールの話を通じて、ネイティブ・アメリカンの思想に興味があることなどを話しました。その時に、ジェームズから「ホピ」というアメリカ先住民族のことを教えていただき、それが私達にとって初めて聞く「ホピ」の話でした。

at 01:00, MYSCO, はじめに

comments(0), trackbacks(0), - -