<< 屋久島 森の魅力 | main | 淡路島の下見に行ってきました >>

屋久島 海と宿の魅力

屋久島の海は「山岳地帯と同じような「山頂」の風景」と表現されるように、海の中もまた、透明な水の底にとうとうと花崗岩の山脈が広がり、神秘的で静謐な風景が広がっています。

島の西側にある「永田いなか浜」は、海亀が産卵に上陸する浜として有名で、ワークショップの会場である「送陽邸」はこの永田いなか浜にあります。

ここのお宿は、静かで落ち着いた隠れ家的な宿で、リピーターの方も多いようです。(口コミ情報)

 

屋久島の海に沈む太陽を見送る、風光明媚なロケーションもさることながら、ご主人がひとつひとつ移築して建てられた古民家のお部屋も、趣き深いものです。外のテラスがお部屋と同じくらいの大きさで、驚くほど広くて、寝転がって星空を見るのに最高でした!

ゆったりと海のある屋久島の自然を楽しむ、そんな贅沢を楽しめる宿に、是非ワークショップご参加の皆様をご招待したいと思い、会場をこちらにしました。

一度屋久島に行ってみたいと思っていた方も、また屋久島に行きたいと思っている方も、是非ご参加ください。お待ちしております。

 

at 00:10, 先住民ホピ族(水氏族)ルービン・サウフキーのアナンダラバ, DIRECTOR'S NOTE

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。