<< 「食」の在り方をホピを通じて学ぶ | main | 古代日本とホピを結ぶ髪型 >>

あなたは星の存在を信じますか?

今回、新見大佐山で行われます、グレゴリー・サリバンさんのナビゲートによる地球外生命体とのコンタクトイベントとコラボさせて頂きますが、テーマはもちろんスターピープル(星の存在)です。

ホピとの文化交流を始めてから、七年が経ちました。しかし、ホピの方が星の存在について語っている所をあまり見た事がありませんし、質問をしても皆口を閉ざします。

...

しかし、七年間の間で、いくつかのシーンで、星の存在について、何回か触れる事が出来ましたので、シェアさせて頂きます。

▼青い星の予言
ホピには、青い星の予言というのが語り継がれてきています。浄化の日を迎える時に、青い星の精霊が現れるとの事です。いつがその日で、青い星が、どの星を指すのかは分かりませんが、過去のトーキングサークルで、参加者の質問に対して、この青い星の存在について、少しルービンにお話頂けた事があります。その時の話によると、青い星の存在は、人類を助けようとして、宇宙から見守っており、人類からのコンタクトを待っているとの事でした。また、赤い星の存在について触れ、彼らも迫っている事を説明されましたが、それ以上の事は語りませんでした。別の機会に、私に対して、封印された先天的な霊的な能力は、星の存在に本気でお願いすれば、取り戻す事が可能だと、個人的にアドバイスして頂いた事もありますが、まだ怖くて試していません。

▼地球外生命体とコンタクトを取るための装置
この話は、予言に岩の前で、火氏族のマーティン長老よりお聞きした話です。予言の岩の絵は、50年位前に、キリスト教に洗礼を受けたホピに方が、語り継がれてきたホピの予言を、自身の解釈で描いた、比較的新しい物だそうですが、その周辺には、何千年前からも存在するペトログリフがあり、その内の一つが、宇宙の存在とコンタクトする装置が描かれていると説明を頂きました。この装置は人類によって開発され、既に存在していて、近い未来に人類が地球外生命体とコンタクトを取る日が来ると説明されていました。ルービンは、これは物質的なものではなく、霊的な存在を象徴したものだと、その時言われていました。聞いた当初(2010年)は、「宇宙人とコンタクト?」とちんぷんかんぷんでしたが、まさか、グレゴリー・サリバンさんのナビゲートを頂きながらですが、ルービンとコンタクトを試みる日が来るとは夢にも思ってもいませんでした。

▼ベツレヘムの星
ルービンによりますと、あの予言の岩に描かれている十字のシンボルは、聖書に出てくるベツレヘムの星と同一のものだと説明されています。ホピの祖先は、この星の導きにより、世界中を移住したそうですが、あえて聖書に出てくる星と同一のものだと強調された真意は分かりません。今回、予言の岩についてより詳しく説明されるとのことでしたので、何か新しい事を聞けるかもしれません。

▼宇宙の中心であるホピ
儀式儀礼を通じて大自然を崇め、バランスと調和の取れた生き方をカチーナ(精霊)から学ぶ事によって、全宇宙のバランスを取っているという考え方がホピにあります。これらの儀式が失われると宇宙の軸が失われるとも言われています。

▼星の存在は私たちの兄弟
ホピの第三メサで、亡き太陽氏族のタイタス長老のフィールドにて、義理の息子であるロイ・リトルソン氏指導のスェット儀式に入らさせて頂きました。この時に、一緒に入りました水氏族の長老アレンに、全宇宙の良き未来にためお祈りの歌を歌って頂いた時に、ホピ語だったのにも関わらず、聞き覚えのある固有名詞が確かに入っていました。まさかホピの人の口から、この単語が出てくるとは驚きでした。しかし、このスェットロッジの約束として、儀式中に共有した事を三回口外した場合は、参加した誰かの命が奪われるとの事、これ以上は語れませんが、自分に取って宇宙や地球外生命体に対する考えや意識が、より偉大で現実的なものとして変わりました。スェットロッジから出た後に、水氏族の長老アレンから頂いた言葉です。「太陽は私たちのお父さん。地球は私たちのお母さん。そして、星たちは私たちの兄弟である。これを忘れなければ、何も恐れる事はない。DONT WORRY. BE HOPI.」

▼ホピでの地球外生命体の目撃談
前回、グレゴリー・サリバンさんとのコラボイベント(シリウス上映会)の対談式講演会の中で、2012年に先祖たちの里帰りのギャザリングを行った時に、数名のホピの人たちが、フォーコーナーズに向かっていく複数の発光体を目撃している話をルービンよりシェアして頂けました。どういう意味か分かりませんが、ルービンが目撃できなかった事は、大変残念な事だったと振り返っていらっしゃいました。

私たちが経験したホピと星の存在については、この位ですが、今回の地球外生命体とのコンタクトイベントも、間違いなく、貴重な経験となる事は間違いないと実感しております。ピンときた方は、是非ご参加下さい!まだまだ残席があります。

○JCETI代表 グレゴリー・サリバン×ルービン・サウフキー 対談式講演会&CE-5コンタクトイベント
日時:10/10(月) 14:30(14:00開場)- 10/11(火) 11:00
場所:大佐山オートキャンプ場大型ロッジ(岡山県新見市大佐小南1番地)
費用:27,000円(宿泊費/夕食/朝食付)
【10/10 (月)】
[14:00-14:30]リトリート受付・集合
[14:30-16:30]対談式勉強会(兄弟なる星を語る)
[16:30-17:30]お風呂タイム(男性)
[17:30-19:00]夕食(BBQ)
[19:00-20:00]お風呂タイム(女性)
[20:00-21:00]宇宙とコンタクトを取るための室内レクチャーとホピの清めのセレモニー
[21:00-23:00] コンタクトワーク・ホピソング
【10/11 (火)】
[08:00-09:00]朝食(おにぎり)
[09:00-11:00]心を開く、ホピ式トーキングサークル
ウェブ:http://uhnungdalawva.com/nahongvitahtoni/oosa.html

▼申し込み
http://uhnungdalawva.com/mailplus/index.html

 

at 21:28, 先住民ホピ族(水氏族)ルービン・サウフキーのアナンダラバ, DIRECTOR'S NOTE

-, -, - -