<< ナホンビタトニ3日目 | main | ナホンビタトニ5日目 >>

ナホンビタトニ4日目

湧き水溢れる、平和でかつ静寂なHOLOHOLOSTOREさんでの広島安芸太田のワークショップを無事に終える事ができました。ホピタコの料理を作り、そして食べながら、材料となる野菜の育て方、料理をする時の心得、食べるときのお作法、男性や女性の役割についてなどの話がルービンからありました。シェアリングでは、予言の岩の話、ひょうたんの話、つむじに秘められている話、道化と鏡から自ら改める方法、動物(鈴虫・蝶々・とんぼ・いのしし・熊・ふくろう)の役割とその繋がりについてなどのトピックで、質疑応答しながら、話を深めていきました。「あらゆる物事には二面性があり、私たちにその二つの要素をどう捉えるかという選択肢が与えられています。そして、真実は、誰でもそこから学び、自らを変えられるという事です。誰でも子供たちの良き未来のため、スピリットに対して信仰を持って、平和を願い祈る事が許されています。もし人類がこれに気づくことができれば、命の輝きは永遠に輝き続ける事ができるでしょう。」ホピで採掘されたウランで作られた「灰のひょたん」が落とされた広島より、今度は「愛のひょうたん」がホピへ届けられる時がきました。安芸太田の母なるイチョウの木の下で、歌や踊りを通じて祈りながら、涙があふれていました。「あぁ、なんて人は強く、はかなく美しいのだろうと」そんな気持ちになりました。参加頂きました皆さまありがとうございました。NAHONGVITATOHNI(継続して鍛錬していきましょう!)

 

 

 

 

at 23:59, アナンダラバ事務局, ホピの生き方と日本の和を語る

-, -, - -