<< ナホンビタトニ8日目 | main | ホピ族ルービンサウフキー語録 >>

ナホンビタトニまとめ

皆さまのお陰で、無事ホピ水氏族ルービン・サウフキーのナホンビタトニツアーの2016年の全日程を終える事ができました。ありがとうございます。心より感謝申し上げます。予言は、人類が良き事のために変わる事ができると、希望と励ましを与えてくれる存在であり、決して恐怖を与えるものではないと、その真意をルービンが伝えてくれました。宗教は、一つの創造主から与えられた教えであり、全ての人種が手を取り合って、地球や宇宙の平和を実現するために、分かち合うものであり、宗教や思想を巡って争いや対立するのを止めようと呼びかけました。縄文と弥生、出雲と伊勢、東洋と西洋、北半休と南半休、ムーとアトランティス、天と地、男性性と女性性、思考と感情、様々な対極にある要素であっても、それぞれがホピと共通する点が存在するのは、ホピの生き方の哲学がシンプルであるがゆえの事、それぞれのバランスと調和を取る事が「HOPI」である事の説明も頂きました。「私は伝統派でもあり、先進派でもあります。私たちの人へ、このどちらかであるかの質問を投げかけないで下さい。この思想に基づく質問が、私たちを分断させているのです。」一番始めに、ホピへ訪れた時にルービンがこう言ってたのを思い出しました。「様々な要素のバランスと調和を取るのがホピの哲学であり生き方。子供や孫の幸せを願わない人はいません。とても困難を伴う生き方ですが、私たち人類が、子供たちの将来のために、過ちを改め、平和を実現できる事を信じています。そうすれば、命の輝きは、永遠に続くでしょう。」NAHONGVITATOHNI(継続して鍛錬しよう)!別れ際に、ルービンが一生懸命、声を振り絞って励ましてくれているのを見ながら、泣けてきました・・・。

 

at 23:59, アナンダラバ事務局, ホピの生き方と日本の和を語る

-, -, - -