<< JCETI代表 グレゴリー・サリバン×ルービン・サウフキー 対談式講演会&「コンタクハズビガン」上映会のご案内 | main | ルービン・サウフキーと過ごすリトリートのご案内 >>

ルービン・サウフキーと行く水のスピリットの感じ方を学ぶツアーのご案内

 

〜地球の軸を司る、鞍馬寺の魔王尊とホピの双子の兄弟〜

 

地球は軸を中心に回転しています。

 

その回転軸は少しずつ変化しています。一説には、氷河の融解や大きな湖の干ばつ、地下水の大規模な汲み上げによって、水が移動することで地球の重心が変わり、軸を動かす力となっています。

 

地軸の傾きは41,000年周期でおよそ21〜24.5度の範囲で変化しているとされていますが、たった3度の違いでも気候に大きな変化をもたらすと考えられています。

 

また、地球の軸には自転軸と、もうひとつ地磁気の軸があり、特に地磁気の軸は、数万年数十万年の頻度でN極・S極が反転しているという研究結果も出ています。

 

近年、予想よりもかなり早い時期に「ポールシフト(地磁気逆転)」が起きる可能性があり、地球上は何らかの被害を受ける可能性があることをNASAが警告しています。

 

今回、訪れる予定の京都の鞍馬寺に伝えられてきた歌にこんな一節があります。

 

崇高偉大の 魔王尊
地軸を傾け 磁極をば
おきかえ移し 気候をば
一変したまう 魔王尊

 

鞍馬寺では、サナトクマラとも言われる魔王様が祀られていますが、その魔王尊は地軸を変化させるとのことなのです。

サナトクマラはヒンズー教の神、ブラフマーの4人の息子のうちの1人とも言われ、金星から降り立ち、16歳の少年の姿をしています。

 

一方、ホピにも、双子の戦士の兄弟が、地球の軸を守っているという伝承があります。

 

その地球の軸を司る、サナトクマラと、ホピに伝えられる双子の戦士の兄弟。

 

地軸を司る存在とは何なのでしょうか?

 

今回企画した京都のリトリートでは、ホピの水氏族、ルービンとともに魔王尊が祀られる鞍馬寺奥の院や雨を司る水の神様が祀られる貴船神社を歩きます。

 

皆さまのご参加を、心よりお待ちしております。

 

日時:10/10(火) 09:00-12:00(鞍馬駅前9:00集合)
場所:鞍馬寺〜貴船神社
費用:3,780円(リトリート参加者は無料)※要予約

 

[08:45-09:00]ウォーキングツアー受付・集合
[09:00-12:00]水のスピリットの感じ方を学ぶウォーキングツアー
[12:00]貴船神社にて解散

 

ネット予約:http://uhnungdalawva.com/mailplus/index.html
ウェブ:http://uhnungdalawva.com/hopi/kyoto.html

 

※画像は左がサナトクマラ、右がホピの双子の兄弟の戦士です。どこか似ているので、興味深いですよね。

at 07:00, アナンダラバ事務局, 事務局からのお知らせ

-, -, - -