<< 久高島でのお祈り&ツアー最終日 | main | 新年のご挨拶&2011ルービン来日のお知らせ♪ >>

自分自身に素直になった年

今年は、32歳にして、人生で始めて、学校に通う事もなく、会社に勤める事もなく、親にも拘束される事もなく、時を自由に過ごしました。時間があった分、自分の心、妻の智美、そして家族や先祖と向き合う時間が増え、様々な試練を通じて、多くの学びや気付きがありました。


最大の試練は、先住民ホピ族のルービン・サウフキーとの関わりから携わる事になりました、アナンダラバプロジェクトの運営でした。

ツアー中は、まるで夢の中にいるようで、信じられないスピードで、たくさんの事を経験しました。未だに、起きた事に対して、感じた事と、考えた事が、なかなか一つにならないシーンが、今、思い返しても多々あります。ある程度、心の整理がされてから、皆様にツアーの報告をしようと考えていましたが、あっという間に、年末を向かえる事となりました。


現在、私は、妻の故郷である自然溢れる、岡山にて夫婦で治療院を開業し、医療に携わる事に夢見る未来の子供達のために、手技や薬草の叡智を繋いで行くという夢に向かうため、一ヶ月程前から、マッサージの手技を学びながら、私達夫婦の生活が支えられ、かつ先住民族が守ってきた生きる知恵やメッセージを広めるお手伝いができる、契約社員という立場で、仕事に就くことにしました。


思え返すと、物心がついてから、始めて喜びを感じたのは、亡くなる前の、ひいばあちゃんに肩もみをして「あ〜、楽になった、ありがとうね。」と言われた時でした。


年明け早々から、ブログにて、アナンダラバプロジェクトで、経験した事や、学びなどを、シーンごとに紹介させて頂く予定ですが、食料としてのコーンの神聖さ、母系である事の大切さ、山や岡で水と共にシンプルに暮らす教え、祈りを踊りで表現する肉体がもつ意味など、私の心に留まり、夢に向かって素直に新しいスタートを切ることができました。


ルービンは、こう私達に言いました。


「心を開き、自分に正直になるということは、人生に降りかかる試練や苦難に対して立ち向かい、耐え忍ぶ事であり、そのため強く生き抜かなければならない。シンプルに生きるという事はとても難しい事で、誰も人生が楽である、という事は言っていない。」


2011年の5月には「苦難を生き抜く強さ」について、またルービンがホピよりメッセージを届けてくれることになっていますが、2011年は、自分の心に偽りなく在り続けられるよう、強くなれたという年にしたいと思います。

at 22:32, 先住民ホピ族(水氏族)ルービン・サウフキーのアナンダラバ, DIRECTOR'S NOTE

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。